ならくはどう生きるか

ならくの日々の日常と趣味と生き方について思いついたことを書きます。

整理収納アドバイザー1級への道【整理を新たな視点で考える】

「一生モノ」は慎重に選ぶ

 一度買うとそう買いかえなくてもよいモノのことを「一生モノ」と定義します。

 一般的には単純に「高価なモノ」だけが当てはまると思われがちですが、そう買いかえなくてもよいモノという定義にすると、日常使っている何気ないモノが実は一生モノだったりします。

 テキストに書かれている例では「爪切り」や「しゃもじ」「食器類」があげられています。爪切りを「1回使ったら買いかえる」という人はいないと思います。食器類は破損した場合は買いかえますが、使える状態のモノはずっと残っていることが多いです。

 こういった一度買うとずっと家にある一生モノに当てはまるものはいくつかあります。しかも「爪切りが何個もある」「炊飯器のおまけのしゃもじが3本ある」というお宅も多いのではないでしょうか。基本的に同じ用途のモノは1つあれば生活には困らないはずです。もっとも使いやすいモノだけを残して整理しないと、一生モノは家庭内に居座ってしまうでしょう。

 

 一生モノが増えるのを防ぐための方法として、「できるだけストーリーの強い買い方をする」という対策があります。ストーリーを強くするというのは、

・自分にとって高価である。

・探し回って買った気に入ったデザインである

といった、特別な買い方をして手に入れたアイテムであるという事です。

 「何となく」で買ってしまうことが多いと、同じような一生モノがいくつも増えてしまうのです。

 それを避けるためにも、今使っているモノと自分との間にあるストーリーを強くして「これはいいモノだ」という意識をもって使ってみましょう。その意識づけがきちんとできていれば、新たに買いたくなる気持ちを止めることが出来ます。「私にはもう気に入った〇〇があるのだから、ほかには必要ない」という気持ちがあれば「何となく」同じものを買うことは無くせます。

 

 何かを買おうかと迷ったときに、今家で使っているモノをすぐに思い浮かべて、自分がいいモノを使っていると確信することが出来れば、安易な理由でモノを買うライフスタイルから抜け出すことが出来るのです。

 

 

 この解説は自分には本当に刺さります。

 ひとつ前のブログにも書いたのですが、自分にはお気に入りのモノ(ストーリーのあるモノ)が思いつきませんでした。

naraku403.hateblo.jp

  これはまさに「安易な理由でモノを買うライフスタイル」の真っただ中にいるってことなんだと思います。

 

 我が家に「爪切り」は2つあります。一つは知らないうちに家にあったもの(実家から持ってきたのか元妻が持ち込んだのか、少し古い感じの爪切り)。そして自分が1000円ぐらいで買った爪切り。今冷静に考えれば自分で買った爪切りの方が思い入れがありますし、実際に切り心地は自分で買った方が良いです。

 こういったモノとのストーリーを強めることで、使い心地の悪い方は捨てていいという思いも生まれますし、爪切りを新たに買おうという思いは生まれません。

 今使っている自分で買った爪切りの切れ味が悪くなった時にまた慎重に買う時が来る。それまでは増やす必要はないのです。

 こういった考えも持てるようになったのはこの整理収納アドバイザー講座のおかげです。意識が変わってきているなと実感します。

 

 

 こっからは余談ですが、この整理収納アドバイザー講座で「モノと人との関係」の解説を読むと本当に「人間関係」と一緒だなと感じます。

 自分には「ストーリー」を感じる相手が何人いるだろう。「何となく」付き合ってる人が多かったんだなと思います。

 

 モノの整理整頓は、自分の精神の整理整頓にもつながっていると強く思います。

 

 

 それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。

「ジャパニーズジン翠」と「昨日のブログ記事の少しだけ続き」

ジャパニーズジン翠

 「ジャパニーズジン翠」と「サントリーウイスキー知多」を買いました。

 今日は翠ジンソーダをいただきました。

 味の濃い「納豆キムチ」「スイートボックス フライドポテト濃厚6種のチーズ味」をおつまみにしたのですが、どれもよく合いました。

 表現があっているかわかりませんが、から揚げレモンとか、刺身のワサビのように食べてる食材に香りを乗せる感じ。濃い味の中にもさわやかさを感じることができます。

 もっと肉肉しい感じだともっといいかもね。

 

 明日は知多かな。そして翠ジントニックも試してみます。

 

 

あなたの持ち物で考えてみよう

 整理収納アドバイザーの考え方である「ストーリー」と「メモリー」。これを実際に自分の持っているもので考えてみるというトレーニングをやってみます。

 

 まずはストーリーということで、お気に入りのモノ、そしてモノが持つストーリーを描いてみましょう…、という事だったんですが、全然思いつかない。

 自分には「お気に入りのモノ」というものが無いようです。

 

 結局「人間関係」と「モノとの関係」は繋がっていますね。

 自分だけしか考えずに生きていると、身の回りにあるモノに対しても興味が薄いんですね。

 

 モノに対する評価が「もったいないかどうか」しかない今の状態は変えていきたい。

 

 

 整理のことを学ぶ中で自分の生き方や考え方を見直すことが出来る。

 

 実は整理の大切な部分ってここかも。

 

 

 今日はこんな感じ。

 

 それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。

整理収納アドバイザー1級への道【モノと人との関係①”ストーリーとメモリー”】

人間関係同様、モノとの関係について考えてみる

 良好な人間関係は、お互いに相手のことを気遣っている状態ですよね。お互い自分の都合ばかり考えている関係は破綻してしまいます。

 そこで、モノと人との関係も人間関係と同じようなモノではないかと考えてみます。

 

 これを意識していないうちは、モノというのは人が勝手に買い、使い、捨てるものという考えが一般的なとらえ方です。

 ここでモノにも人間と同じように意志のようなエネルギーを持っているとした、と仮定すると今まで見えなかったモノと人との関係性が浮き彫りになり、客観的なとらえ方ができるようになってきます。

 「自分が所有しているモノを生かしてあげられないか」という視点で見ることで、自分の生活に必要か不必要かの判断がよりたやすくできるようになります。生かしてあげられていないならば、生かしてくれる人や場所に託そうという解決策も見えてきます。

 

 

モノは「製作者の意図」によって作られている

 人工的に作られたモノには製作者の意図が必ず入っています。「どのような場面で使われるか」「どのような工夫やアイディアをプラスしたら、より使いやすいか」という思いが目の前のモノの形となっています。

 ペットボトルを例に挙げると「持ち運びやすい軽い素材」「飲み残してもフタを閉めて取っておける」「持ちやすいデザイン」などの意図が込められています。

 この「製作者の意図」が「モノの本質的な機能」なのです。

 

 テキストでは「女性用のワンピース」を例に挙げていました。

 製作者の意図通りの使い方が「30代のミセスに着てほしい」だった場合、これが1度来ただけでクローゼットにしまいっぱなしになっている場合、それは意図から外れた状態になっているのです。

 もう一つの例えとして「ガラスのコップ」も挙げられていました。

 製作者の意図通りの使い方は「ビールグラスとして使ってほしい」だったかもしれないが「一輪挿しとして玄関に飾る」のは意図から外れているが良い使用例だそうです。

 

 正直この辺はよくわかりませんが(笑)、「製作者の意図通りにつかう」のが「そのモノの本質的な使い方」なのです。

 

 

「ストーリー」「メモリー」という考え方

 例えば、特にブランド物でもない何の変哲もない腕時計があるとします。この時計は大切な人からのプレゼントで、10年間正確に時を刻み続け、今でもあなたの毎日を支えてくれています。この腕時計にはあなたと過ごした10年間がしみ込んでいます。

 この腕時計と同じ型のモノはいくつもあるかもしれませんが、この腕時計はあなたにとっては唯一無二もかけがえのないモノなのです。

 整理収納アドバイザーはこのようなモノを「ストーリー」があるモノと呼びます。ストーリーはモノと持ち主だけの共有の経験です。私たちは無数の「ストーリーのあるモノ」に囲まれて生活をしています。

 

 もしいつか、その大事な時計が壊れてしまった時、あなたはそれを躊躇なく捨てられるでしょうか?多くの人の答えはNoでしょう。大切な人からのプレゼントであり、あなたと過ごした月日の長さだけ思い出が詰まっている時計を簡単には手放せないはずです。

 このような状態を「メモリー」といいます。「ストーリー」がさらに強まった状態です。

 ストーリーが強くなりメモリーになると、持ち主はそのモノを捨てることができなくなります。

 自分の身の回りにあるもの、例えば古いパソコンや携帯電話、いただきもの、子供のころからの愛用品などを残している人は、それらを無意識のうちにメモリーのあるモノとしてとらえているのです。

 もしもそのモノの製作者の意図が失せ、本質的な機能が壊れてしまったとしてもメモリーのあるものは捨てられないのです。

 

 「モノにはストーリー、メモリーが存在する」という点も、モノが持つ意志であり本質の一つであるといえるでしょう。

 これは整理収納を行う上でいい意味でも悪い意味でも整理に大きくかかわってきます。整理収納アドバイザーとしてはこういった考え方をしっかり認識しておく必要があります。

 

 

 いやー、スピリチュアルですね(笑)

 でも「製作者の意図」が「そのモノの本質的な機能」という話は納得ですね。

 うちにも子供のおもちゃがいくつも置いてあります。子供も少しずつ好き嫌いが出始め、「よく遊ぶおもちゃ」「遊ばないおもちゃ」が分かれてきています。この「遊ばないおもちゃ」は「製作者の意図」通りに使用できているのかなぁ、と考えを持つことで、整理に向けて動き出せるのかなぁと思いました。

 

 

 それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。

整理収納アドバイザー1級への道【収納知識の”はじめの一歩”】

※雑談

 整理収納アドバイザーのテキストを読んで、ブログに書くことで内容を覚えられるようにしてるんですが、

 

 結局片付けは進んでなくね?

 

 うん、進んでない。

 

 できたことはこれぐらい。

 しかもこれはフリマで売れてくれないと結局片付かない。

 

 

 

<あくまでも使いやすさを追求する>

 収納はモノを使うために行うものです。

 なので「使う時のことを考えてしまわれているか」という事が重要です。まず物置や納戸、食器棚など、モノをしまっている場所を点検して見直しを行ってみましょう。

 「ここにこれを置く意味があるのだろうか」

 「誰が、いつ、どのようにして使うのか」

 こういったことを念頭に置いて現在の収納を眺めると、多くの矛盾が見つかると思います。そこにしまう事が本当に使いやすいのかを「考えてからしまう」ことを心がけましょう。

 

 

<空間を区切るコツを覚える>

 1段の高さが大きすぎる棚や、奥行きがありすぎる納戸など、そんな不便な収納スペースがあなたの家にもありませんか。収納は広ければよいというものではありません。空間を区切る基本を覚えておくと、広さにかかわらず使いやすい収納を設計することができるようになります。

 例としては、

 ・空間をタテに区切る方法

 ・空間をヨコに区切る方法

 ・奥行きを前後に区切る方法

 があります。

 

 

ここまでを踏まえて

 テキストとは別にトレーニングブックというものがあるんですが、そこにある設問に答えていきます。

 

 まずここまでを踏まえて、今までの収納を振り返ります。

 今まで、モノをしまうという事を考えてモノを買うこともなかった。自分に足りないのは収納場所と収納方法の知識だと思っていた。しかしそれはモノを買ってから考えるものではなくて、買う時に考えるものなんだという事を知ることが出来ました。

 

 

 次に「整理のねらい」を言葉にしてみます。

 モノを減らして、掃除のしやすい家を目指す。

 部屋で落ち着いて過ごす。

 モノとの関係を深める。(買って終わりではない)

 モノを使いやすくすることで、そのモノを使って行う作業を素早く行えるようにする。(「掃除道具が物置の奥にあり、出すのが面倒で掃除に取り掛かれない」といった状態を無くす)

 

 これらも頭に思うだけでなく言葉にして書いて認識することで、頭の中を整理することができます。

 

 

 

 今ちらっとテキストの次のページを見たけど、まだ実践的な収納はやりませんw

 ってか、1冊目のテキストは心構えメインみたい。それほど考え方を変えることが重要なんだろうなと思いました。

 

 

 ここまで読んでいただきありがとうございました。

整理収納アドバイザー1級への道【整理収納のステップ】

 整理収納アドバイザーの考え方の一つ「整理収納のステップ」

 整理収納のステップは、片付けがうまくいくために行うことをチャート化したものです。8つのステップがあり、それを円のようにぐるぐると回していきます。

 3月16日のブログに書いた「整理のステージ」と共に重要なセオリーとなります。

naraku403.hateblo.jp

 

<気持ちの上の整理>

ステップ① 所有の意味を考える

 なぜそれを持っているのかを考えることです。

 整理の一番最初に考えることで、この時点で「要らないんじゃね?」となることもあります。

 

ステップ② モノの本質を知る

 これはモノの持っている基本的な機能と製作者の意図をよく認識するという事です。この部分が認識できていないということは「所有する意味がない」ことになります。

 いわゆる「何かに使えそう」って思って残してるものでも「何か」を認識できないなら要らないよねってことです。

 

<整理にかかわる行動>

ステップ③ 整理のねらいを明確にする

 このステップにきたら、モノは使われることを前提にして、整理のねらいを明確にしていきます。

 「整理によってもたらされる具体的な効果は何か」または逆に「どのような効果を求めるための整理なのか」を考えます。

 経済的効果を優先するのか、時間的効果を優先するのかで整理の方法は変わります。美的感覚を重視する場合もあり、それぞれの生活シーンに合わせてその目的が変わります。この目的意識を高く持つことが大切で、整理がうまくできなかったり、整理したつもりでも満足できない最大の原因は、整理のねらいがあいまいであるからです。

 

 

ステップ④ ねらいからグループ分けする

 整理のねらいに従って、同一の場所に置くモノごとに集めて分類します。家事や生活をするうえで、どのようにモノを使用しているのかを客観的に観察してみることが必要です。

 このときまず気づくのは、モノは単独で使われるより、複数のモノが集合して一緒に仕事をする方が多いという事です。つまり、一緒に使う道具は同じ場所に収納しておく方が効率的だという事です。これを「グルーピング」と呼びます。

 使いやすい収納を作るためには、この分類が重要となります。

 

 

ステップ⑤ 使用頻度でさらにグループ化

 使用頻度は整理をする際に欠かせない概念です。グルーピングしたものたちを頻度の高いモノと低いモノに分類し、さらに同じ集合体の中でさらに頻度を細分化することは、整理のプロセスとして大切なことです。

 

 ここまでのステップ③から⑤のプロセスは整理のステージで考えるとステージ2から3へステージアップするための整理行動です。

 整理力が向上することで、明確な目標が持てるようになり、日常的な買い物から人からモノをもらう場面でも、「モノが安易に増える」という事への抵抗感が出てくることでしょう。

 

 

<収納にかかわる行動>

ステップ⑥ 収納を分析する

 対象となる収納スペースを正確に計測します。

 どれくらいの広さが収納用に用意されているのかを測定し、意味のない空間を残さないように有効活用する方法を考えます。

 使い勝手と将来モノが増えた時のことを考えて、80%収納を理想としましょう。

 

 

ステップ⑦ グループと収納を重ねる

 ステップ⑤で分類したモノのグループを実際に収納スペースに配置をします。

 この際にサイズや量に従って収納をさらに区切ったり、カラーやインテリアを考慮して見た目をよくする工夫をします。

 

 

<ゴール>

ステップ⑧ 指定席の完成

 ステップ①から⑦のプロセスを満たした結果である収納場所が、そのモノの定位置となります。

 テレビや雑誌などの整理整頓特集などで紹介される、単に指定席を決めただけの方法は、ステップ①から⑦のプロセスを無視しており、またたく間にリバウンドしてしまいます。

 

 そして最後にステップ⑧から①へ矢印は伸びていきます。整理は一度指定席が決まってもそれで終わりではありません。進学、結婚、子供の誕生など家族構成が変わったり、歳を重ねて家族の年齢分布が変わると、ライフスタイルが変化していき、それに合わせて整理収納も変化していきます。

 それまでの収納が「使いづらいな」と感じたら、それは収納方法の見直し時であり、さいどステップ①から考えていきます。

 

 

 このような感じでステップについて紹介されていました。

 

 私に一番抜けていたなと思った考えはステップ⑥の「収納を分析する」です。どうしても「目の前のモノを片付けたい」という気持ちが強く「どこに収納するのか」という事をあまり考えていなかったです。商品を手に入れてから「どこに片付けようか」と考えたり、ホームセンターで見つけた収納道具を見て「これ〇〇の収納に使えそう!」って思い付きで買って、結局うまく収納できないことが多くありました。

 冷静に考えれば、収納する場所の確認はかなり重要だよなっと気づかせてくれました。

 

 

 ここまで読んでいただきありがとうございました。

整理収納アドバイザー1級への道【整理と収納の違い】

整理の定義

 整理の定義は2つ。

 ①不必要なモノを取り除くこと

 ②区別すること

 

 これらはすでに学びました。

 簡単に言うと「捨てろ」と「それが何のためにあるのか理解しろ」という事です。

 いらないものは捨てます。

 区別するためにはそのモノが何のためにあるのかを理解しないといけないのです。

 

 

収納の定義

 収納の定義も2つ

 ①収納は整理の後にしか行えない

 ②モノを使いやすい状態にすること

 

 (一つ目が定義じゃなくね?って気持ちは置いておきましょう。)

 

 ちなみにテキストにはここまでで収納についてはほとんど出てきません。整理収納アドバイザー講座なのに。

 その理由が、収納の定義の一つ「収納は整理の後にしか行えない」からです。

 世の中には収納術の書かれた本が沢山ありますし、収納グッズもたくさん売られています。それらを用いて整理されてない大量のモノを無理やり詰め込んで「片付いた」と思っていても、そのような収納ではすぐに元の状態に戻ってしまいます。

 二つ目の収納の定義を考えると、無理やり詰め込んだ片付けが収納とは言えないことがわかります。モノが使いやすい状態になっていないから元の状態に戻ってしまうのです。

 少し考えるとすぐに想像できると思います。

 ほしいものが引き出しの下の方にある。不要なモノをいったん出して必要なモノを出す。とりあえず要件は済んだのですが「これはまた使うかもしれない」と思って一旦出しっぱなしにする。だけど結局しばらく使わなくで、だんだんしまうのが面倒になってくる。目の前には必要なモノも不要なモノも出しっぱなしの散らかった空間…。

 もしも不要なモノがなければ、必要なモノを使った後にすっと引き出しに戻したと思います。こういったことの積み重ねで散らかった状態が出来てしまうのです。

 

 まずは整理が出来るようになることが先なのです。

 そう考えると、収納の定義は2つというより2つで一つの定義という事のような気がします。併せて理解しておきたいです。

 

 

 テキストには2つ目の定義「収納はモノを使いやすい状態にすること」の一例が載っていました。

 

 キッチンはモノがあふれやすい場所の一つです。それは料理の工程や盛り付けに合わせてそれぞれ必要なモノが多いです(焼くならフライパン、煮るなら鍋、炊飯器、電子レンジなど)。それらは必要で使う頻度も高いから目に見える場所に置いているのです。

 しかしスッキリとしたキッチンはあまりモノを出しっぱなしにしていません。収納をしっかりと意識している人は「毎日使うものでもしまう」ことを心がけています。

 収納の極意は「毎日使うものでもしまう」「毎日使うものだからこそ取り出しやすい場所にしまう」という事です。

 

 

 これらを踏まえて、次は整理収納のステップを学びます。

 

 

 ここまで読んでいただきありがとうございました。

好きなことで生きていく ~サワークリームオニオンとフラペチーノ~

こんばんは、サワークリームならくです。

 ツイッターの名前を変えました。

 目標はマツコの知らないサワークリームオニオンの世界に出ることです。

 

 これまで10種ぐらいのサワークリームオニオン味のお菓子を食べてきた私ですが、サワークリームオニオン味のお菓子ベスト3を紹介します。

 

 

 3位 湖池屋STRONG サワークリームオニオン

koikeya.co.jp

 最近のリニューアルしたみたいね。

 リニューアル前の商品はそれなりにSTRONGしてました。個人的にはもう少し強くてもいいけど、バランスはこれぐらいがいいのかも。

 リニューアルでさらにSTRONGになっていることを期待。

 

 

 2位 プリングルズ サワークリームオニオン

www.pringles.com

 結局これよね。

 多分世の中の人間がサワークリームオニオン味を知ったきっかけはこれだと思う。

 原点にして至高。サワークリームオニオン味のポテチでは最強。

 調べてみると、昨年「トリプルサワークリームオニオン」って商品が出てたみたいね。3倍濃厚とかどうなっちゃうんだ⁉

 サワークリームオニオン大好きといいながら食べ逃している無念。もしもどっかでまだ残ってたら絶対買う。

 

 

 1位 サワークリームオニオン味 クラックプレッツェル

www.muji.com

 想像以上に濃厚。

 砕いたプレッツェルにしっかりサワークリームオニオン味がついています。

 大きめに割れたプレッツェルにはちょうど良く、小さく割れたプレッツェルにはしっかりしょっぱい味付けとなっています。

 お酒のつまみにもピッタリだと思います。本当におすすめ。

 

 

 

 そんなわけで、みなさんもハッピーサワークリームオニオンライフを。

 

 

 

別件

f:id:naraku403:20210318000010j:plain

www.starbucks.co.jp

 今日から始まった「バナナンアーモンドミルクフラペチーノ」をいただきました。

 写真は忘れ(飲みたい気持ちが勝ってしまう)。

 

 店員さんに「チョコシロップやチョコソースをトッピングするとチョコバナナみたいでおいしいですよ!」って言ってくれたのでここは乗っておく。

 

 バナナの実も入っていて、果実感有。

 混ぜる具合にもよると思うけど、途中からアーモンドミルクの風味を感じ始めた。

 

 上にはアーモンドと砕いたバナナチップスが乗っているのかな?最後にもバナナを感じました。

 チョコソースはホイップの上に乗せるタイプなので、後半にチョコバナナ感。チョコシロップを加えるともっとチョコバナナ感が出たかも。

 

 私はアーモンドミルクが好きなので、この組み合わせは最強。でもアーモンドミルクが苦手な人はつらいかも。

 これ、普通のミルクに変えられるのかな?そしたらチョコなしでバナナシェイク的な感じで楽しんでもいいかも。

 

 以上ただの感想でした。

 

 

 ここまで読んでいただきありがとうございました。